| 無料質問箱 | お問合わせ |

ISO内部監査(基本編)

監査の種類

監査には、監査側と被監査側の関係により3つの種類があります。

 

1. 第一者監査(内部監査)

 

組織自身が、自らのシステムを監査することです。

 

内部監査はこの第一者監査に分類されます。

監査員は、自社に属するスタッフか、または代理人(外部コンサルタントなど)です。

 

自社のスタッフの場合、監査員は自分自身の仕事については監査できません。

これは公平で客観的な立場で監査を行うことを確実にするためです。

 

監査を依頼する者を監査依頼者(クライアント:client)といいます。

第一者監査の監査依頼者は、組織の経営者(トップマネジメント)です。

 

2. 第二者監査

 

ある組織が他の組織のシステムを監査することです。

 

第二者監査は、2つの組織の関係により次の2つに分けられます。

 

①顧客が組織を監査

あなたの会社のお客様があなたの会社を監査する場合です。

 

②組織が供給者を監査

あなたの会社が取引先企業を監査する場合です。

 

上記①②とを第二者監査と呼ばれます。

 

 

第二者監査の主な目的は、相手先の企業が取引可能であるかどうかを判断するための

情報を得ることです。

 

すべての取引先企業を監査することは難しいので、自社製品に対する影響度、

取引先の管理能力のレベル、取引額などさまざまな側面が考慮されます。

 

3. 第三者監査

 

第三者監査は、独立した組織(第三者)による監査のことです。

 

独立した組織とは、当事者である第一者(組織)と第二者(顧客及び供給者)

と利害関係を持たない外部の審査登録機関を意味します。

 

ある企業がISO9001の要求事項に適合していることを、審査登録機関が監査をおこない、

適合していれば企業を登録し、公表する仕組みを第三者審査登録制度といいます。

 

この制度により審査登録された組織(認証取得企業)は、ISO9001適合組織であることを公表できます。

認証取得企業は、顧客などの利害関係者の信頼を得られるため、ビジネスの競争優位性を向上できます。

 

ISO認証取得はビジネスパスポートと呼ばれるゆえんです。 

 

各監査での監査者と被監査者の関係を図示すると下記のようになります。

 

監査の種類