改訂版ISO19011の概要

システム監査の指針が9年ぶりに改訂!

ISO19011:2002(品質及び/又は環境マネジメントシステム監査のための指針)が、

2011年度に9年ぶりに改訂されました。

 

ここでは、旧版(2002年版)からの主要な変更点についてお伝えします。

 

1. 第三者認証審査が対象から除外された

 

監査の種類は、第一者監査(内部監査)、第二者監査(供給者監査)と

第三者監査(独立組織による監査)の3つがあります。

(各監査の内容については、「監査の種類」をご覧ください。

 

改訂版は、このうち第三者監査での第三者認証監査を除外し、第一者監査、第二者監査に

焦点をあてた指針となりました。

 

理由は、第三者認証監査に関係する組織や要員は、ISO/IEC17021:2011の要求事項に

従うため、指針との重複をさけるためです。

ただし、第三者監査での規制当局による監査は、対象とされています。

 

ISO19011は、ISO内部監査のための指針であることがより明確になりました。 

 

2. 適用範囲をマネジメントシステム(以下MS)全般に拡大

 

2002年版では、品質と環境のMS分野だけが適用範囲でした。

 

改訂版では、品質と環境以外のさまざまなMSでも適用できるようになりました。

例えば、情報セキュリティ、労働安全衛生などのMS分野です。

 

2002年に、ISO19011の初版が発行されて以降、多くの新しいMS規格が発行されました。

改訂版は、より広い範囲のMS監査に対応したものです。

ただし、MS以外の監査(例えば財務監査)は、この指針の対象にはなりません。

3. 力量に関する記述を変更

 

監査員の力量の記述を変更しました。

変更ポイントは、力量の定義、力量の判定、知識及び技能の例示です。

 

◎力量の定義

改訂版での、力量の定義の変更については、ISO内部監査(力量向上編)での

監査員の力量とは?」をご覧ください。

 

◎力量の判定

改訂版では、力量(知識、技能)基準を設定し、この基準にもとづく評価を実施

して、はじめて必要な力量の判定ができるとしました。

 

2002年版では、「一定のレベルを満たせば監査員の力量がある」と誤解を招いたようです。

力量の判定では、かならず評価が必要であることが明確になりました。

 

◎知識、技能の例示

改訂版では、すべてのMSを対象にしています。

MS分野固有の知識及び技能の例示を付属書Aにまとめました。

 

【付属書Aでの事例】

 

①輸送安全マネジメント、②環境マネジメント、③品質マネジメント、④記録マネジメント、

⑤組織の災害対応力、セキュリティ、緊急時対応準備及び事業継続マネジメント、

⑥情報セキュリティマネジメント、⑦労働安全衛生マネジメント

4. マネジメントの役割、責任を明確化

 

トップマネジメントの役割は重視されるべきであるとの意図のもと、記述内容が変更されました。

 

監査プログラムの目的の設定は、トップの役割であることが明確になりました。

また、監査プログラムの内容、達成状況、フィードバック、レビューなどさまざまな事項に、

トップが関与することが記述されました。

 

また管理プログラムの管理者の実施すべきことが明らかになりました。

これにより、監査プログラムの計画、実施、監視、改善というPDCAを回すのは、

監査プログラムの管理者の役割であることが明確になりました。

 

5. その他

 

その他に、

 

● リスクの概念の導入

● 遠隔地監査(リモート監査)の導入

 

などの変更点がありますが、ここでは省略します。