| 無料質問箱 | お問合わせ |

ISO内部監査(基本編)

内部監査の手順

下記は、ISO内部監査を実施する場合の一般的な手順を示したものです。

この手順での各ステップは、ISO19011:2011 マネジメントシステム監査のための指針に

準拠しています。

 

ステップ  手順 内容
1 監査の開始
  • 被監査との最初の連絡
  • 監査の実施可能性の判定 
2 監査活動の準備
  • 監査に備えた文書レビューの実施
  • 監査計画の作成
  • 監査チームへの作業の割当て
  • 作業文書の作成 
3 監査活動の実施
  • 初回会議の実施
  • 監査の実施中の文書レビューの実施
  • 監査中の連絡
  • 案内役及びオブザーバの役割及び責任の割当て 
  • 情報の収集及び検証
  • 監査所見の作成
  • 監査結論の作成
  • 最終会議の開催
4 監査報告書の作成及び配布
  • 監査報告書の作成
  • 監査報告書の配付
5 監査の完了
6 監査のフォローアップの実施

 

 

一般的な内部監査では、上記の手順をすべて行う必要はありません。

 

組織規模の小さな中小企業、小規模企業では、かなり省略することができます。