マンション査定にはポイントがあります

管理や修繕状態も重要なポイント

不動産価格の評価方法、原価法管理や修繕状態も重要なポイント一度専門家に相談してみましょう

駐車場がない場合は近隣に契約できる駐車場があるかどうかも重要になります。
周辺環境も大切で、近くに買い物できるスーパーマーケットや商店街があるかも大事です。
学校や保育園などが近くにあったり、幹線道路や線路が近くにあると騒音が影響するケースがあります。
建物の安全性に関する評価として耐震構造になっているか、土壌汚染がないかもポイントです。
耐震構造建物であると有利になり、耐震工事を行っていない物件は金額が低くなります。
築年数は安全性と関連していて、間取りや設備からも重要です。
古い間取りだと現代生活に合っていなかったり、特に水回りが使いづらいこともあります。
建物の信頼性評価として施工会社がきちんとした会社かどうか、販売業者の財務が安定しているかなども大切です。
施工会社がちゃんとした企業だとトラブルがある確率が減り、もしトラブルがあっても販売会社が買い主になる住人に補償する場合、資金力の有無が検討されます。
大手不動産会社の販売なら信頼性があると思われるので、評価も高くなるでしょう。
管理や修繕状態も重要なポイントで、管理費や修繕積立金などが徴収されるケースがあります。
定期的なメンテナンスや大規模改修工事などに使用されるもので査定額が上がり、反対に管理がずさんで改修工事が十分でないと金額も下がります。
管理費や修繕積立金額が適正に管理されていたり、過去の修繕工事など履歴や管理規約なども考慮されるでしょう。
組合や管理会社の状況も重要なポイントで、組合がきちんとしていないと修繕が進まなかったり管理費の横領も考えられるからです。
管理会社が違うとメンテナンスがきちんと行われ、管理コストが下がるケースもあるでしょう。